2018年11月07日

僕と小唄と「かぐらむら」

タイトルは、今やってるドラマのパクリですが……ともかく、
神楽坂のタウン誌『かぐらむら』が、100号を最後に休刊となりました。

DSC_1181.JPG

まちの人なら誰でも知ってる、神楽坂の情報誌で、地域のイベント情報から、街の名士によるエッセイなどもあって、なかなか読み応えあるものでした。

じつは、今のぼくがあるのは、まさにこの『かぐらむら』のおかげでして、ぼくの人生に大きく影響を与えたタウン誌であります。
なんて、大げさな書きようですが、ホントなんです。

ぼくがこの界隈に住み始めたのが1994年のこと(うわ、もう24年も昔だよ……)。それからいろいろあってフリーランスになってすぐの2003年。『かぐらむら』はまだお店情報メインの薄いものでしたが、そのころライター稼業をしていたぼくは、編集のお手伝いをさせてもらうことに。
取材ライターとしてお店の紹介記事を書いたりしていたなか、編集長の長岡さんから、小唄の家元さんを取材するよう指示をいただきました。

それが、この後ぼくの小唄の師匠となる、扇よし和家元なんですけど、この出会いによって、若いうちから趣味で小唄を聴いて、三味線を独学で弾いていたぼくが、小唄の世界に入門することになったのでした。
以降は、ライター仕事をしながらの修業時代。その間、三越劇場や国立劇場で家元とともに舞台に上がらせていただき、挨拶や振る舞いについても教わり、師範の資格をいただいたのが2008年。そこからお金を頂戴して演奏や指導をする立場になり、純邦楽業界の先生方にも注目評価いただけるようになりました。

毎年の自主企画「小唄 in 神楽坂」は、入門翌年から現在まで続けており、先日15周年記念の会を終えました。
さらに、三味線のおかげで、2010年からは活動写真の仕事にも加わることになり、海外公演へ。
そして2012年からは流派を離れ、フリーランスの立場で仕事をさせてもらっています。


いや〜まさかこんな人生を送ることになるとは、子供の頃夢にも思ってなかったですね。
音楽やアートに関わりたいという願望はあったけど、ふつうに会社員やってくのかなくらいの考えでしたが、流れに身をまかせていたら、なぜか引き込まれてこうなっちゃった次第で。

すべては、『かぐらむら』のせいですよ。いや、”せい”っていうのは冗談で、”おかげ”なんですけどね。

もし神楽坂に住んでなかったら、
もし『かぐらむら』に関わっていなかったら、
と思うと、ぞわぞわっとしますね。物書きと音楽の両輪。まったく別の人生はちょっと想像できません。これでいいのだ、って感じです。

『かぐらむら』のおかげで、人生の不思議なご縁をいただいたのでした。
本当に恩人(恩誌)であります。
今までどうもありがとうございました!

そんなわけで、現役の人間が過去を振り返るようなことをしておりますが、それは今年2018年が、小唄師範として仕事を始めて10周年にあたりまして、この秋冬は小唄の出演が続いています。
このキャンペーン期間(笑)の最後が、11月15日(木)の独演会「小唄一本勝負」。
弟子の米村祐子も三味線替手で出演します。
どなた様も、記念の会をぜひ見届けてください。お待ちしてます!


【小唄一本勝負】koutaippon_flyer_01-180.jpg
宮澤やすみ小唄師範10周年を記念した独演会
11月15日(木)開場19:00 開演19:30
神楽坂キイトス茶房
http://yasumimiyazawa.com/koutaippon.html


posted by 宮澤やすみ at 10:00 | Comment(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

品川から神楽坂、カツベンに小唄です

先日は、品川の旧東海道で開催「しながわ宿場祭り」に出演しました。

台風が近づく雨模様でもだいじょうぶ。屋内ですから。
sinagawa2018.jpg

祭りの喧騒から離れた、小唄のサラッとした音で、リラックスした雰囲気が作れました。スタッフの方々も「ここだけ別世界(笑)」とうれしそうでした。

翌日は同じ場所で、活動写真の上演でした。
無声映画に合わせて、弁士の山城秀之さんが語り、ワタクシが楽士。三味線で生演奏します。
sinagawa2018-katsuben2.jpg

演目はコテコテの時代劇に、洋画のコメディも。
ふつうは洋画に三味線伴奏はありえないんだけど、そこはワタクシ、世にも稀な特殊三味線奏者ですから。洋風の演奏も問題ないんです。ギターの一種ととらえていただければ。
品川の地元のおばちゃん二人組が、
「活動写真だって!」
「これ、堀部安兵衛の話よ」
なんて、楽しそうに見てくれて上演中も話が絶えない。いいんです、そういうノリがかつての活動写真館の雰囲気を彷彿させます。
洋画のコメディを終えたあとは、
「・・・三味線、すごかったわね・・・」
とポツリ。誰に言うとでもなしに漏れた言葉、うれしいですね。ちゃんと聞こえるように口に出していただくのが肝心です。

周防正行監督の新作映画「カツベン!」の製作発表がされて、この先活動写真は盛り上がっていきますね。ぼくも楽士として活動写真に関わって、いつのまにか10年。このムーヴメントに乗っていきたいです。



そしてこの秋は、さらに小唄の出演が続きます。
今年は小唄メモリアルイヤー。お祝い気分でぜひともお運びを。
画像をクリックするとチラシPDFが開きます。

【東京大茶会】
大規模な茶会イベントで小唄の演奏
10月20日(土)12:30 14:30
10月21日(日)12:00 14:00
浜離宮庭園 特設ステージ
https://tokyo-grand-tea-ceremony2018.jp/hamarikyu_onshiteien/event/index.html


【15周年記念 小唄in神楽坂】2018koutai15flyer-180.jpg
宮澤やすみ一門総出の小唄演奏会。舞踊と鳴物も入って華やかに。
10月27日(土)開場14:30 開演15:00
神楽坂善国寺(毘沙門天)書院
http://yasumimiyazawa.com/kouta.html






【小唄一本勝負】koutaippon_flyer_01-180.jpg
宮澤やすみ小唄師範10周年を記念した独演会
11月15日(木)開場19:00 開演19:30
神楽坂キイトス茶房
http://yasumimiyazawa.com/koutaippon.html







【よみうりカルチャー講座】
生演奏つき「小唄で知る江戸と東京の暮らし」講座
11月14日(水)14:00
よみうりカルチャー自由が丘校
https://www.ync.ne.jp/jiyugaoka/kouza/201810-18060013.htm





posted by 宮澤やすみ at 13:09 | Comment(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

”仏像バンド”のライブでした

♪寄木造のキミとボクがぴったり合わさって・・・

”仏像バンド”の通称でおなじみ「宮澤やすみ and The Buttz(ザ・ブッツ)」。
この夏都内でライブをやりました。

8-3buttz1_550.jpgゲスト参加の三上ナミさんも一緒にブツを歌います

仏像にインスパイアされた歌詞を書き、オリジナル仏像ソングを歌います。代表曲は秘仏ご開帳の日程を盛り込んだ「ご開帳ブルース」。
ぼくがエレキ三味線(そういうものがあるんです)とボーカル、それから作詞作曲もやっております。

8-3buttz2_550.jpg
Voと三味線はわたくし宮澤やすみ

今回は「寄木造(よせぎづくり)」という新曲を初披露しました。

冒頭の歌詞がサビの部分なんですけど、心のきれいな人が聴けば、寄木造の技法によって産み出される仏像の賛歌だと理解されるのですが、人によってはきわどい大人の夜話にも聞こえるようです。
あなたにはどう聞こえるでしょうね。

8-3buttz3_550.jpg
エレキと生のダブル三味線奏法!ちょっと阿修羅っぽい!

寄木造とは、仏像造りの技法の一種のこと。いくつかの部材を組み合わせて一体の仏像を造ります。
時は平安時代、もうすでに大きな仏像を造れる大木が減ってきて、しかし制作の需要は高まっていました。それに応えるため、定朝(じょうちょう)という仏師が、この技法を確立しました。宇治・平等院鳳凰堂の阿弥陀如来がその基本形です(検索すれば画像出ます)。

以来、この技法によって、仏像制作の効率が高まり、仏像大量生産の時代に突入するのでした。
京都の三十三間堂の千体仏なんかも、この技法がなかったらむずかしかったでしょうね。

そんな画期的な技法「寄木造」を歌った画期的な仏像ソング、いつか聴いてほしいです。

8-3buttz4_550.jpg
こちらは仏像の施無畏印と与願印を歌う”No Fear!施無畏印”を演奏中

各地でライブやりますので、イベントにぜひ呼んでください! 

音量が限定される場合も、アコースティック編成で対応できます。
地域のお祭りから生涯学習までなんでもどうぞ。もちろん対バンライブもぜひ。

ブッツを支える大事なバンドメンバーを紹介いたしましょう。

8-3buttz_hossy550.jpg
Bass担当ほっしぃ

8-3buttz_sunshine550.jpg
Gtとコーラスは家永サンシャイン

8-3buttz_tsubaking550.jpg
Drums担当で自身も仏像&仏教に詳しいMr. tsubaking

Mr.ツバキングとは、イスムの表参道店でもたびたびトーク&ライブさせてもらいました。この日も↓

8-3buttz5_550.jpg
Mr.tsubakingと宮澤やすみの仏像トーク

みんなマジメにふざけながら、楽しく一生懸命やっています。またどこかの会場でお会いしましょう!

8-3buttz6_550.jpg
出演依頼、お待ちしてます〜!

この日のライブセットリスト:
・No Fear! 施無畏印
・Sunlight Moonlight(日光月光菩薩のうた)
・寄木造
・Ash-La La La
・ご開帳ブルース

ほかの出演
 The Partys
 三上ナミと謎カンパニー

2018年8月3日、東京・高円寺グリーンアップルにて


イスム表参道店の仏像ライブ(ダイジェスト)



※この投稿は、「仏像ワールド」サイトに連載中の「宮澤やすみの仏像ブツブツ」から一部改変して掲載しました
posted by 宮澤やすみ at 16:20 | Comment(0) | 仏像ネタなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

和モノ系バンドが集まります

仏像バンドとして知られる”宮澤やすみ and The Buttz”(ザ・ブッツ)ですが、先日は4月8日(釈迦誕生日)に仏めぐりツアー&ライブのイベントをやりました!
自分の連載コラムにレポート載せてます
 ↓
【寺社ファン集結!仏像バンドのフラワーパーティ】
 http://www.butuzou-world.com/column/miyazawa/20180409-2/


この夏は、8月3日のコレです。

仏像バンド「The Buttz」presents
【NIPPONの夏祭り】
2018年8月3日(金)
高円寺グリーンアップル
open 18:30 / start 19:00
ticket \2,500(+1drink)
[出演]
相撲ソングを歌うガールズバンド”The Partys”
昭和歌謡にインスパイアされた”三上ナミと謎カンパニー”
そして、我々仏像バンドこと”宮澤やすみ and The Buttz”
というラインナップでお届けします。

予約はこちらのWebフォーム、またはメールやコメント欄でもOK
http://yasumimiyazawa.com/buttz/summerfest.html

buttz2017photo.jpg

なかなかライブをやる機会は少ない我々The Buttz。
じつは、対バン交えてのライブイベントを主催するのは初のことなんです。
少しずつでもバンドの音を磨いて、経験を積んで、前に進んでいきたいです。
The Buttzもコツコツとやっていきますよ!
ブッツの歩みを見届けてくれたらうれしいです!

飲食できる気軽な場所だし、どなた様もぜひお越しください!

posted by 宮澤やすみ at 00:00 | Comment(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

夏の小唄ライブはラウンジで

前記事で書いたように、楽器を新調しまして、初披露は先日の「小唄かふぇ」で行いました。
5月のさわやかな宵にぴったりの音でした。

あれからもう夏、2018年の夏は酷暑ですね。

そんな中、神楽坂で新しいライブプロジェクトが始まります。
奥神楽坂にある、外国人向けホステルのラウンジで、映像交えて小唄です。もちろん宿泊不要でフラリと来ればOK。
初回は特別に、破格の料金で飲食もついちゃうというスタイル。
よかったら遊びにきてください。

TOKYO SOUND Lounge
Shamisen Performance "Kouta"
江戸東京の音を知る 東京三味線
S__68829187.jpg
at UNPLAN Kagurazaka
2018 7.25 wed.
19:30 OPEN 20:00 START
*charge \2,500 includes 1drink & snack
※18:00からは会場宿泊者むけに英語でミニライブを行います
(一般入場歓迎、投げ銭制)

●予約●
予約はこちらまで→yasumikouta@yahoo.co.jp
※「7/25小唄ナイト 参加希望」として、お名前・ご希望人数をお知らせください。キャンセルされる場
合は、お早めにご連絡ください。

●会場●
UNPLAN神楽坂 LOUNGE
〒162-0808東京都新宿区天神町23-1 TEL: 03-6457-5171
MAP: https://unplan.jp/location
・神楽坂駅(東西線)2番出口 徒歩3分
・江戸川橋駅(有楽町線)4番出口 徒歩7分
・牛込神楽坂駅(大江戸線)A2出口 徒歩9分


On July 25th, there will be a special shamisen performance at UNPLAN Kagurazaka by Mr. Yasumi Miyazawa. Shamisen is a traditional Japanese instrument and Mr. Miyazawa performs a variety of genres with the instrument that is sure to make for a unique experience.

From 6pm there will be a 30 minute performance for UNPLAN Guests in 1F lounge (by donation).
From 8pm there will be a longer performance for outside guests. Hostel Guests are welcome as well but seating is limited and priority will be given to guests with reservations.


また、8月3日には、The Buttz初のライブイベントがございます。こちらもよかったらぜひお越しください!
---
仏像バンド「The Buttz」presents
【NIPPONの夏祭り】
buttz2017photo.jpg
2018年8月3日(金)
高円寺グリーンアップル
open/start 18:30/19:00
ticket \2,500(+1drink)
[出演]
宮澤やすみ and The Buttz
三上ナミと謎カンパニー
THE PARTYS
http://yasumimiyazawa.com/buttz/summerfest.html
 
posted by 宮澤やすみ at 17:11 | Comment(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする