2018年05月19日

甘い音色の中棹小唄三味線

今年(2018年)で、わたくし小唄の師範稼業10周年を迎えました。

この世界で10年ったって、ほんの短いもので、やっと始まったくらいのものかと思いますが……、
(ちなみに”宮澤やすみ”稼業は16周年です)
ともかくひとつの区切りとして、楽器を新調しました!

なじみのお店で試奏したときから、そのなんともスウィートな音色に、一発で気に入ってしまいまして、
「ちょうど10周年だし、そろそろ……」
と、自分で自分に理由を付けて、買ってしまいました。
三味線新旧1.jpg
小唄にぴったりの、中棹で、胴の厚みが深い。皮は四つ(猫の皮)

爪弾きで軽く弾くだけで、楽器が勝手に鳴ってくれる感じがして、右腕のストロークがすごく楽です。
だいたい三味線弾きは右腕が慢性的に痛くなるものですが(自分の弾き方もあるでしょうが)、この楽器なら負担が少ない。
バチじゃなく、爪弾きでサラッと弾きたい楽器です。

これまで使っていた楽器は、だいぶ年季の入った中古で、モノはすごく良いものですが、中棹にしてはだいぶ細く今なら細竿と言っていいレベル(昔の三味線は細かったらしい)。
胴も薄く、犬皮で、そのせいか音色が硬いものでした。胴によって音色は変わりますね。

2005年に入手して以来、神楽坂はもちろん国内各地、ドイツにイタリアにオランダ・・・苦楽を共にした楽器でございます。
今回でこの子とはお別れ。手が小さいお弟子さんにゆずりましたので、彼も第二の人生(中古だから第三、第四くらいかな)が始まります。
今まで本当にありがとうございました。

三味線新旧2.jpg
写真では区別がつかないかもしれませんが、棹の太さ(幅もだけど厚み)がかなりちがいます
DSC_0557.JPG

これまで演奏聴いたことのある方、新しい楽器は音色がぜんっぜんちがいますから、お楽しみに。
次回6月13日(水)の「小唄かふぇ」で初お目見えとなります。一度来た方も、この機会に再訪ください。
そして、わかってはいたけどお金が無くなりました。
みなさま、どうかお仕事ください(演奏に呼んでください)ませ!

【宮澤やすみの「小唄かふぇ」Vol.23】
http://yasumimiyazawa.com/koutacafe/
koutacafe_logo_forYoutube.jpg




posted by 宮澤やすみ at 01:41 | Comment(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする