2009年11月05日

寿司政でまったりすごす昼下がり

昨日は、雑誌の仏像特集ロケで東京・南青山のお寺を訪れました。

昼過ぎに撮影終了したので昼ごはんを食べようと思ったんだけど、あまりにいい天気だったので、久しぶりに九段下の寿司政(すしまさ)に。平日昼はランチ1890円なので、たまにはよいかと。

友人のつながりでだいぶ前に紹介してもらって以来、たま〜に訪れています。
駆け出しのライター時代には雑誌の取材もしたりして、以来顔見知りに。

susimasa1.jpg
だらっと世間話して、気分は馴染みのカフェみたい


ランチタイム過ぎた1時半くらいに行くとちょうどいいんだよね。
店長の玉村さんとは年が近く、ほかに誰もいないので、お互い世間話やグチをこぼすわけですよ。

なにせひさびさに会うのでいろいろ話がはずみます。

こちらはまず離婚した話から始まって、仏像の本を出したとか、小唄をやってたけどまさか人に教える立場になるとは思わなかったとか、玉村さんも着物とか好きな人だし、平日の昼下がりをゆるりと過ごすのです。自由業の特権ですねえ。

そんな会話を唯一止めるのが、お寿司の味。

「うわっ、このイカおいしい」
「ああ〜この鯛もおいしいなあ〜」

ここは古来の江戸前仕事をするお店で、ひとくちに言うと「身の熟成」がテーマです。

マグロも白身も、数日熟成させることで筋肉がゆるんで旨みが増幅している。脂じゃなくて、赤身の肉の旨みなんですよ。
ねっとりした口あたりで身が口の中にまとわりついて、どれが自分の舌でどれがマグロかわかんないくらい。

エビとかイカも、噛めば噛むほど旨みがジュワッ、ジュワッっと出てきます。

susimasa2.jpg
冷蔵ケースに入れない伝統的なスタイル。美しい!


ただお刺身をごはんに貼り付けたお寿司とはまったくちがう、古風な江戸の味。
(創業は文久元年だって)

「さっきまで生きてた」みたいな世界もいいんだけど、この熟成された味にハマるとちょっと抜け出せないです。

お昼すぎ、誰もいないカウンターで、静か〜にシンミリと味わうってのがまたいいんだよね。

やたら威勢のよい店だと急かされて味わった気にならない。

めったにないけど、たまにはこういうひと時もいいもんです。
玉村さんゴメン、もうちょっとひんぱんに行くようにしまーす。

寿司政:http://www.sushimasa-t.com/

 
なんかめずらしくブログっぽい記事でした(笑)
 
posted by 宮澤やすみ at 23:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | たべものばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうおすし屋さん、いいですね〜〜。

おいしいのは、寿司も料理、と感じるよね。

そうでないお寿司は
魚の死体をご飯に乗せたもの、、と思っています。
Posted by えかきさる at 2009年11月06日 04:47
たしかに、寿司は奥深い料理ですな!
つまみと酒でおなか一杯になるより、にぎりをぱくぱくいきたいなあ。
幸か不幸かお金も無いので、もっぱら「ランチでしんみり」がしっくりくる今日この頃です。
 

Posted by やすみ at 2009年11月07日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック