2011年02月05日

キモノスイッチにいってきた

最近、神楽坂で偶然お会いしたキモノスイッチという着物屋さんがなかなかいいです。
ふだんは吉原(!)で事務所&工房を構えているので、行ってみました。

こないだ特別に貸してくれたのが、RumiRockラインの「バーズアイ」という生地で仕立てた着物。

mami_BD097a.jpg
撮影:yOU


暗いバーやクラブでも目立つギラギラ感が特徴で、写真では見えないけど腰にピストルがあしらってある。帯の隙間からピストルの柄が見えるってわけね。
ロックテイストの着物は、遊びで着るのにぴったりだと思います。
小唄の舞台とかだと、かっちり教科書通りの着方なので、その反動があるわけですよ。
古典の継承と斬新さと、両方ないと楽しくないですね。

店長の金子さんによると、

――キホンは伝統技法を継承するんです。でもその中に、新しさも入れていきたい――

金子さんはもともと染物の職人。なかでも型染めの修業をしてきたそうです。訪問した日も、夏の浴衣に染める新デザインの型紙を彫っている最中でした。
伝統柄を継承しつつ、ヨーロッパテイストとかエレキギター、デビルマンなんかも取り入れてて面白いです。
オレとしては、この夏デビルマン柄の浴衣を狙ってます(笑)

kswtc1.jpg
ドクロ入りデザインの型を制作中

kswtc2.jpg
ヨーロピアン調のデザインもあったりする


――伝統を守る職人に、染めの指示を出すときはもめますよ(笑)でも丁寧に説明して、思いを理解してもらえると。一転してすばらしい仕事をしてくれます――

型染めのほかに、現在ではデジタル染めも取り入れていますが、デザインを見ていると決して「やりすぎ」がない。
デビルマンだって、あからさまにあの姿をばーんと出すんじゃなくて、デビルマンを連想させるモチーフをあしらって、デビルマン的な香りを想起させるわけですよ。

そんなふうに、伝統を踏襲しながら斬新さを追求するバランス感覚がいいですね。

kswtc3.jpg
デザインの端がつながって絵柄が連続する。型染めの妙味

kswtc4.jpg
デザイン担当のRumix Design芝崎るみさん(左)店長の金子一昭さん(右)



リンク:
キモノスイッチ メンズレディース浴衣・着物ネット通販

タグ:着物
posted by 宮澤やすみ at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 着物、小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック