2011年05月30日

あの名作『お寺にいこう』が処分される!?

突然ですが、『お寺にいこう』という本、ご存知ですか?

ぼくの2004年の著作(イラストも)です。

「お寺は町の文化施設」というテーマで、お寺をカフェやライブハウスのように楽しむ提案をした、伝説的(?)名著です!(自分で言うかw)

装丁デザインは、神楽坂の人気隠れ家日本茶カフェ「茜や」の女将・柳本あかねさんです。
お店やHPのデザインは、この本が元になっているんですよ。

この本をきっかけにいろんなご縁をいただきました。
やすみくらぶ」も、この本を読んだ担当さんが連絡をくれたのがきっかけです。

そんな『お寺にいこう』がこの度在庫を処分されてしまうことになってしまいました!
出版社も、今売れば反響あるだろうに泣く泣く判断したそうで、出版不況のあおりです。

今後は、自分で在庫を少し買い取って、欲しい方に直接お分けする方法しかありません。
もし欲しい方いたら連絡ください。そのうちAmazonマーケットプレイスで出したりするかも?

この本、じつは周辺から「早すぎた」との声がある本です。

刊行した2004年は、まだお寺でイベントみたいなことは少なく、六本木のお寺で「お寺カフェ」が話題になったのがようやく2007年。
ちょっと時代の先を行き過ぎたパターンですね。

今あらためて世に問いたい本ではあるので、情報を加えて新装版で再版することも検討中。
各出版社に提案しています。

もし興味のある版元の方いらしたら、遠慮なくご連絡ください! 

みなさまのご協力をお願い申し上げます!!

『お寺にいこう』


身体がシャッキリ喜ぶ坐禅、
心がゆったりほぐれるお抹茶、
アートにライブ、写経にごはん…。
レジャーとエンタは寺にあり!

読んで訪ねて、お寺の「楽しさ」を再発見する
新しいタイプのお寺本。すぐに使えるアクセスガイド付き。

【目次】
第1章 気軽に修行
第2章 お寺でカフェ
第3章 お寺でごはん
第4章 お寺でアート
第5章 お寺をあるく
第6章 お寺でライブ


タグ:
posted by 宮澤やすみ at 12:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仏像ネタなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはとてもよい本なので、ぜひ改訂版を!
ネタ自体も楽しいんだけど、本当に味わい深い文章だと思います。
出版不況きびしすぎですねー。。。

ところで今年は仏像フォーラムないんでしょうか。
Posted by かぶら at 2011年06月02日 16:11
>かぶらさん

どうもありがとうございます!

出版社も「いい本なのに」と言ってて、それでも処分なんですから・・・、
ほんとにもうどうしましょ。
ただいま他をあたっていますが、なかなかうまくいっておりません・・・。
めげずにがんばります。

仏像フォーラムは中止だそうです。
主催社が3月中に判断したんだそうで、
あの「自粛ムード」の渦中に決まってしまいました。

自分でどうすることもできない大きな流れってあるもんですね。┐(´ー`)┌
残念ですが、なるべく前向きにがんばります!



Posted by やすみ at 2011年06月06日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック