2006年12月17日

楽茶碗にメロメロ

simoi1.jpg

ただいま展覧会真っ最中です。

ギャラリーのある京橋界隈は、古美術、茶道具のお店がたくさんあり、「骨董品の町」と言われています。青山にも「骨董通り」があるけれど、あそこは京橋が戦争で焼けてから多くの店が移転して形成されたのだとか。

毎日この町に通っていると、窓越しに本物の古美術が見られて、いい目の保養。

昨日も、昼飯がてらぶらぶら歩いていると、すばらしい茶碗があるじゃないですか。あたたかみのあるぽってりした黒楽茶碗。
へえ〜と熱心に覗きこんでいると、

「よかったら中へどうぞ」

おっと、近くにいたおねえさまは店のオーナーだったのか。これからラーメン食いに行こうと思ってたんだけど、思いがけず「侘び寂び」の空間に足を踏み入れちゃいましたよ。

中に入るとこれまたすごい。楽三代目道入さん作の茶碗がある。道入といえば通称「のんこう」と言って、楽家のなかでも名工とされる人ですよ。江戸初期の人ですよ。

そんなのがふつうにショーケースに置いてあるんだからすごいよねえ。

その隣には、楽じゃないけど、織部焼のひょうげた茶碗が。札には「桃山時代」とある。

ということは、織部流の祖・古田織部が活躍した時代。この茶碗も本人がプロデュースしたのかな。こりゃ相当なものだよ。

その他の黒楽茶碗も、ひとつ180万円くらいしてました(^_^;)。

今までオレの茶碗の趣味は、井戸茶碗(下記リンク参照)か平茶碗が好きだったんだけど、こうして本物の楽茶碗を見ると、さすがにすごい存在感。

すごいすごい、と感動していると、

「おうすいかがですか?」

「あ、えーとお作法とか知りませんが・・・」

といいつつ奥へ案内されて、おいしいお菓子とお茶をいただいちゃいました。
ギャラリーでの応対で疲れた心身がふーっとほぐれていきます。

お昼は味噌ラーメンと思ってたけど、おそばに変更しました。

P.S.
 このときのお菓子が死ぬほどおいしかった。
 その夜、お店の方がギャラリーを訪ねてきてくれ、
 お菓子を差し入れてくださったので、今家で食べてます。
 また別記事で紹介します。

お店情報:
 茶道具・古美術 下井美術
 東京都中央区京橋1-14-6 京橋宏陽ビル1F
 TEL:03(3535)2522

参考:
 大井戸茶碗「有楽(うらく)」
 東京国立博物館で2007/1/14まで公開
  
 五島美術館、日本陶磁のページ
 
posted by 宮澤やすみ at 17:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日ギャラリーでお会いしました、コタローです。仏像、和菓子、お茶、etc…、趣味もお仕事も広く深く、どれも楽しんでいらっしゃる様子ですごくステキですね(^・^)
 私もフランス行きを早く実現したいと思います!
 今日はお会いできてラッキーでした。
Posted by コタロー at 2006年12月18日 22:15
コタローさん
ギャラリーではどうもでした。
フランス、いいなー。コマタレヴー。
すばらしい体験をぜひリポートしてくださいね。
Posted by やすみ at 2006年12月20日 22:55
展覧会いけなくて、ごめんね〜
でも、成功おめでとう!
それに、お茶にお菓子、美味しそうね〜
今度、食してみたい!!!
Posted by マレーナ at 2006年12月22日 01:25
>マレーナ
おいしそうでしょ。美術館でガラスケース越しに見るより、だんぜんいいよ。触れるし。
マレーナも相変わらずお遊びが過ぎてるようで(笑)。ちゃんとケガ治してね〜。
Posted by やすみ at 2006年12月22日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック