2007年04月23日

京橋骨董まつり

東京・京橋は茶道具、骨董の町。今でこそ青山に「骨董通り」があるけれど、それは京橋から移転したのであって、京橋のほうが兄貴分。「こっとう通り」という道もあるし。

下井美術さん昨年末に訪れた下井美術さんから、「日本橋・京橋骨董まつり」のご案内をいただいて、さっそく行ってきました。

「骨董まつり」といってもフリマじゃないですよ。京橋の骨董屋さんに気軽においでよ、という趣旨らしいです。

1.茶碗でナゴむ

下井美術さんは茶道具のお店で、専門は楽茶碗(五島美術館のサイトに写真あります)。各代の楽家の名品が並んでいます。もちろんお値段もかなりのもの。

わたしは詳しくないですが、本物の迫力というのはすごいですね。

「こないだは織部の茶碗がありましたが」

と聞いてみると、奥から出してきてくれました。時代は安土桃山時代。てことは、織部流の祖・古田織部さんがリアルタイムで活躍してたころですよ。よく残ってたね。

織部茶碗は「ひょうげもの」なんて言われるだけあって、くにゃっと曲がった形をしている。そこに斬新な模様が描かれていて、現代アートみたい(五島美術館・日本陶磁)。

でも今日みた黒織部は、ただ奇をてらうだけじゃなくて、威厳を感じました。

今回は特別に手に持たせてもらいました。古田さん本人も使ったんだろなあ、と思うとワクワクするね。

ほかにも、私が好きな高麗モノの茶碗もあって、これが大感動(五島美術館・朝鮮半島陶磁)。
かなり大ぶりのお碗だけど、薄手だから手に持つとすごく軽い。
奥に大好きな高麗茶碗が・・・
薄い緑系のグレーに、ほんのりとオレンジの斑点が点々とある。貫入(かんにゅう)は控えめで細かい。豪快だけど上品といいますか。いつまでもながめていたい気分。

「いいなあ〜、コレいいなあ〜」

茶碗って、ながめているだけでほーっと和むんだよね〜。シアワセな気分になれます。



2.古代文明に興奮

別の店ではこんなのが

古代インダス文明の土偶
特別に見せてくれたインダス文明の土偶(非売品)
今から6000年前ですよ。すごい髪型・・・



3.締めはやっぱり仏像!

「キミは日本の仏像が好きなんだろう。そしたらこの店に行ったほうがいい」
と、インダス文明の店主に言われさっそく次の店へ。

そこでわけを話すと、店主が奥から出してきたのが平安の木彫仏! 
しかも奈良・興福寺の観音像。なんでこんなの東京にあるんじゃい!

平安朝の雅な仏藤原氏が「千体仏」として観音菩薩をたくさん造らせたそうで、奈良の興福寺に奉納した。興福寺は藤原氏の氏寺。
下半身がすらっと長くて、すばらしいプロポーション。欠落はあるけれど、優美な雰囲気は失われていない名品でした。

博物館なら、必ずガラスケースがあるだろうに、ここなら、すごい逸品が、直にみられる。しかも(モノによっては)手に持ったりもできちゃう。もちろん客の側も節度をわきまえなきゃだめだけどね(なんかあっても弁償できないし・・・)。

骨董品屋さんって、日ごろ庶民には縁のない場所だけど、時を選べばとても利用価値の高いスポットだと思いました。


ブログ内関連記事:
 楽茶碗にメロメロ お店への連絡先も

関連サイト:
 ギャラリー集積地:日本橋・京橋美術骨董通り
 

posted by 宮澤やすみ at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック