2008年03月30日

岩国へ:後編

前回のつづき。

母方の家は下級武士の出身で、岩国藩の鉄砲隊長を務めていたそうです。今も家の前は「鉄砲小路」という名が残っています。

家は大正3年(だったかな)に建った木造家屋。武家屋敷の風情が今も残っています。

小学生のころ、岩国の家に行くのは楽しみでした。
街に住む身としては、田舎の古い家がお城みたいにみえたんですね。
現在も、広い庭と、お屋敷のたたずまいが残っています。

岩国の家
りっぱな松の木と門。家は木造の三階建て

岩国の家
昔はここが玄関だった。たのもう〜、みたいな。

岩国の家
子供のころは、天守閣に登るような気分でした

岩国の家
縁側の天井の造りなんかも風情がある

岩国の家
丁寧に手入れされた庭。昔よく遊んだなあ

岩国の家
赤ん坊の時、右下の手水鉢に入って遊んでいたそうです

岩国の家
親戚みなさん、めずらしがって写真撮りまくり。
めったにこないからね。




お昼には、親戚一同が集まってワイワイとお祝い。
いとこも含め、みなさん立派に出世なさっていて、わたしみたいのは珍種なのです(笑)。

みなさん『東京社用の手みやげ』を読んでくれました。お祝いの手みやげは、萬年堂の「御目出糖」を使用。

この歳になると、親戚が集まるといえばお葬式(笑)。こうしてお祝い事で集まるのもなかなかいいもんですね。


関連記事:
 岩国へ:前編
 

タグ:旅行 郷土 散策
posted by 宮澤やすみ at 19:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅、散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

岩国へ:前編

父方は東京で、母方が山口・岩国。だからわたしは東日本と西日本のハーフです。
わたしが生まれたのは岩国。すぐ引っ越しちゃったから記憶はないけど、子どものころは夏休みによく行ったんだよなあ。

この度、ウチのばあちゃんがなんと百歳になるので、お祝いに親戚一堂が集まりました。

ひさしぶりに帰った(帰ったって感じじゃないけど)田舎ですが、そんなわけでよく知らないので、岩国のことを改めて。

岩国の錦帯橋
「日本三大名橋」に数えられる錦帯橋


岩国と言えば「錦帯橋(きんたいきょう)」です。
木造のアーチが本当に美しい。
子供のころの記憶に比べ、少し小さく感じたけれど、雄大であることに変わりない。
川原に腰かけて、錦川の早瀬をたのしみます。どうどうと流れる音が心地いい。

岩国の錦帯橋
けっこうきついアーチ

橋をわたると公園で、神社や寺、山上には岩国城が建つ。
公園内にすごい生き物がいるのだがそれは別記事で。

橋のこっちは城下町で、高いビルは規制されており、今でも江戸とか昭和の古〜い町並みがそのまま残ってる。映画のセットみたい。

岩国の町並み
古い家並みがつづく

岩国の町並み
町の目抜き通り。ある意味、夢のような風景

時間があったので、町並みを散策。城下町は、江戸時代の区画整理がそのまま。
旧町名が掲げてあります。

岩国の町並み
「材木町」「扇町」「琵琶町」などありました

ウチの実家は、岩国でも「錦帯橋」のすぐ近く、旧市街どまんなか。家の様子は後編で。

偶然だけど、岩国、逗子、神楽坂と、観光名所ばかり住んできたわたくし。地味な風貌のわりに、今でもイベントとかお祭りのワクワクした感じが大好きなのは、そのせいかもしれないね。

錦帯橋遠景


後編は、ばあちゃんなみに古い、実家をレポート!

 
タグ:郷土 旅行 散策
posted by 宮澤やすみ at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅、散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

正月風景:元旦の日本橋

あけましておめでとうございます。

元旦、朝の日本橋。

元旦の日本橋
コレド前から撮影。車が消えた

一台も車が走らない日本橋界隈を歩く。

東京を征服したような気分です。

一瞬だけだけど。

思わず、デヴィッド・ボウイの"HEROES"を口ずさみます。

"We can be heroes, just for one day"
僕らはヒーローになれる。たった一日だけなら

元旦の日本橋
都心はもぬけの空
 

大通りを、ひとり唄いながら歩いた元旦でした。
 

 

タグ:散策 東京
posted by 宮澤やすみ at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅、散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

スクープ!「脱力猫」

ダフトパンクのライブに行ってきました。
神がかりの音と光でトリップ。いい汗かいて、今年のケガレがすべて落ちた感じですね。ありがたや。
 
翌日は護国寺へ。そこにいた猫は・・・

脱力しすぎの猫


おいおい! 脱力しすぎだよー

集会所はだれたムード


 

 

タグ:東京 散歩
posted by 宮澤やすみ at 11:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅、散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

雑司が谷、鬼子母神の紅葉

ふらっと、雑司が谷あたりをお散歩。紅葉は今が盛りのようです。

雑司が谷
赤、黄、緑のコントラストがきれい

都電荒川線がトコトコ走って、赤や黄色の葉っぱが日に輝いて、かなりいいお散歩コースです。

雑司が谷
いい色だ〜

少し行くと、鬼子母神がある。この境内の稲荷神社もまたいいです。

鬼子母神境内の稲荷神社
赤い鳥居にイチョウの黄色が映える


境内で、みかんを食べていたら、ノラ猫がやってきた。

鬼子母神境内の猫
「うまそうじゃ〜ん」


これって、前の冬に書いた護国寺の散歩と同じパターンだよ。
 

関連記事:
 ときわ木の三味もなか 門前の和菓子屋さん
 

 



タグ:東京 散歩
posted by 宮澤やすみ at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅、散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする