2015年10月26日

ドイツ−イタリア公演行ってきました

2015年秋は遠征の日々でした。ブログを更新するヒマもなし。しかし遠征がなかったら更新したかというと微妙なんですけど。

ともかく、まずはヨーロッパ公演のご報告を。ドイツとイタリア公演に行ってきました。

pordenone_prof1.jpg
イタリア・ポルデノーネにて。合成ではありません(笑)

活動写真弁士・片岡一郎さんの呼びかけで集まった、上屋安由美(ピアノ)、田中まさよし(パーカッション)、私・宮澤やすみ(三味線)の和洋折衷楽団。合計4人でのツアーです。
片岡さんはドイツ・ボンを拠点に、無声映画(サイレント映画)の弁士としてご活躍。今回も日本の無声映画をドイツ、イタリアで上演し、3人のミュージシャンが生で演奏をつけるのです。

1.ドイツ公演

こちらはドイツ・デュッセルドルフの映画イベント「Eyes on Japan」にて。
(写真はEYES ON JAPANのFacebookから)

Benshi & Musiker

Posted by Eyes on Japan on 2015年10月2日


在ドイツ日本領事館の主催で行われた、EYES ON JAPAN(日本映画週間)のオープニングを、我々が飾らせていただきました。
演目は、日本でももっとも古い(?)アニメ「太郎さんの汽車」、大河内傅次郎が鼠小僧を粋に演じる「御誂治郎吉格子」。
はい、後者の作品は3年前のフランクフルト公演でもやった作品です。

どちらも片岡さんの十八番の作品で、我々楽士陣も、この回は調子がよかった!
音楽をやっていると、ごくたまに「音楽の神が降りてくる」感覚を得ることがありますが、今回はまさにそれ。
自分が演奏しているのに演奏してる実感がなく、なにかもう音楽がその場にあって、自分はそれに乗っかってふわふわ楽しんでる感じ。
なにかすごいことが起きている!という実感があり、他のメンバーも後で「いやすごかったね」と言ってたし、それをお客さんたちも感じ取って、会場のボルテージがどんどん上がります。
終演後の鳴りやまない拍手が証拠です。この場にいないと感じられない、得も言われぬ貴重な映画体験、音楽体験なのでした。

dusseldorf1.jpg
ドイツではビール飲みまくり


2.イタリア公演

イタリアは、Pordenone(ポルデノーネ)という街での無声映画祭に出演。
ポルデノーネ映画祭と言えば、世界の無声映画業界の一大イベントなんです。
まがりなりにも、世界レベルの大舞台に上がることが実演したんですよ。これは掛け値なしに大変なことであります。

街の大きなヴェルディ劇場では、一日中無声映画を上映、各国のミュージシャンが映画に生伴奏を付けます。
無声映画だから、音を生で付ける。映画だけど音楽ライブというところがおもしろい。
音楽をやってる身なら、無声映画の伴奏の面白さ楽しさに、誰でもハマっちゃうんじゃないでしょうか。私は完全にハマっておりますね。

劇場を下見。左から上屋安由美さん、宮澤やすみ、片岡一郎さん、現地でいろいろお世話になったヨハンさん(日本語ペラペラ)

Hello from #IchiroKataoka #GCM34 #PordenoneSilent #silentfilm #Pordenone #Benshi

Posted by Le Giornate del Cinema Muto on 2015年10月4日



さて、腕利きの音楽家がイタリアの小都市ポルデノーネに集結し、腕を競う。欧米中心の顔ぶれの中で、日本からは私たちだけ。
上演前からいろんな人に「楽しみにしてるよ!」と期待され、ハードルが上がる。上演時間は、映画祭のゴールデンタイムにあたる、20:30から。

pordenone3.jpg
オーケストラピットに入って演奏します

上演作品はドイツと変わって、長編の「忠次旅日記」。これも大河内傅次郎主演で、国定忠次(忠治)の凋落と子分たちの美しき絆を描く、破滅の美と言いますか深い内容の長編です。
三味線、ピアノ、さまざまなパーカッションで、映画の世界を表現しました。
ぼくらの演奏が受け入れられるか、心配でしたが、結果、大喝采!
終演後のお客さんの輝いた目。写真撮ってくれの嵐で動けない。さすがイタリア人です素直に感情を出してくれます。
重鎮の音楽家さんも「いや〜面白かった」「こういうやり方もあるんだ」とわざわざ後で来てくれました。

欧米の方、とくにピアニストは、全編弾きまくりで映画の間(ま)を埋め尽くしますが、我々日本の楽士は、間を活かすやり方。
いかに無駄な音を削ぎ落とすかに視点を置いてますから、沈黙を怖れず、ギリギリのところまで音を出さない。
そんないかにも日本風なやり方が、ヨーロッパの人たちにも受け入れてもらえたようです。

12079836_10205340774865560_2064463898956492833_o.jpg
映画祭の主宰David氏と記念撮影
(田中まさよしFacebookより)

この大舞台を務めたことは、自分のキャリアのなかで非常に大きなステップになりました。
ほとんどピアニストと打楽器の人ばかりのなかで、自分一人が着物で三味線、もんのすごく目立ったと思います(笑)。
しかしまだまだこのメンバーでやり残したこともあるので、機会あればまたここに戻ってきたいと思います。

このツアーに向けて奔走してくれた片岡一郎さん、どうもありがとうございました!
一緒にがんばった上屋安由美さん、田中まさよしさん、どうもありがとうございました!
ドイツ、イタリアの受け入れ側スタッフ皆様、そしてご来場のみなさんも、Vielen Dank & Grazie Mille!!

pordenone2.jpg
ポルデノーネのシンボル・旧市庁舎


3.こぼればなしとボン滞在

じつはデュッセルドルフからポルデノーネへ行く道中がきつかった!
ヴェネツィア空港への飛行機が直前で欠航。空前の大行列のせいで代替便にも間に合わず、10時間以上空港で足止め。へとへとになりましたよ。

dusseldorf2.JPG
これ、一人旅だったらめげてたよ……

veniceairport.jpg
ヴェネツィア空港の荷物引取コンベアは、ルーレット仕立て


デュッセルドルフ入りの前に、ひとりボンに滞在しました。ひとりと言っても、片岡さんはじめ友人たち(これも3年前のドイツ公演がきっかけ)がいて、宿泊も友人宅なのでぜんぜん一人じゃないんですが。
ちょっと感動しましたね。というのは、3年前の音和座フランクフルト-ボン公演で訪れた街に、また来られたという感慨が深く、3年前に演奏したボン大学の壮麗な建物を見てジーンと来ちゃいました。いや〜この3年間、ホントいろいろありましたよ。演奏の腕もそれなりに上がったと思いますよ。

で、やりたかったことが一つ、せっかくドイツに来たので、「ドイツで都々逸」というダジャレを本当に実行してみたかったんですね。
ライン川のほとりで、友人に向かって都々逸をいくつかチントンシャン。ボン大学のゼミ室にも押し入って、小唄をやってきました。隅田川の歌を、「ライン川」に変えて歌ったりね。
突然押し掛けたんですが、友人のはからいもあり皆さん楽しんでいただけました。この日は私の誕生日。こんなに仲間に囲まれたあたたかい誕生日は初めてでした。


そして、帰国後はすぐ秋田公演、都内神楽坂をはさんで、鹿児島と遠征が続くのでした。それはまた別記事で・・・。


●今回のツアーが、毎日新聞に載りました!
 「活動弁士:練馬の片岡さん、来月イタリアで無声映画祭出演 「忠治旅日記」解説 和洋折衷楽団の「音和座」と共演 /東京
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20150921ddlk13200033000c.html


●EYES ON JAPAN 日本映画週間サイト
http://www.eyesonjapan.de/dt/d-program/dpr2015/d15-details/d15-progr01.html


●LE GIORNATE DEL CINEMA MUTO
 35th Pordenone Silent Film Festival
 我々の演目が載っているページ
http://www.cinetecadelfriuli.org/gcm/giornate/questa_edizione.html


 

 
posted by 宮澤やすみ at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

ドキュメンタリー 小唄 in 神楽坂

毎年10月に実施している「小唄 in 神楽坂」。
昨年2014の会は、11周年を迎え新たなスタートを切った年でして、特別に映像を作ってもらい、やっと動画が完成しました!
稽古風景も含めた、ドキュメンタリータッチの映像になってます。約6分半おつきあいのほど。



この年からの試みとして、一門のみなさん総出で出演したのでした。
映像では、初めて人前で演奏するお弟子さんの初々しさがありますが、あれから皆さん、か・な・り腕を上げましたよ。
今年の「小唄 in 神楽坂 2015」もぜひご期待ください。日程もうすぐ決まります。
もちろん吾妻春瑞さんの素敵な舞踊も入りますし、楽しみに待っていてくださいね。

http://yasumimiyazawa.com/kouta.html



posted by 宮澤やすみ at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

「小唄かふぇ」やってます

ぼくは小唄をやってますが、神楽坂でやってる「小唄かふぇ」は次回で13回目を迎えます(2015年5月現在)。

江戸の風情と色っぽさを表現した小唄と三味線の世界を、神楽坂の居心地よいカフェで、くつろいで楽しんでもらうのが基本コンセプト。
しかし、それだけではないんですね。

過去のダイジェスト動画をちょこちょこアップしてるので、ご覧ください。4分半くらいで見られるので忙しい人もだいじょうぶ。



ご覧になってお分かりのとおり、ただの三味線ライブじゃないのです。か・な・り濃い〜い(笑)ゲストと一緒にコラボするのが特徴。

こちらはエレキ三味線を使って妖しげな雰囲気を演出。



こういったことが、神楽坂で繰り広げられています。

小唄という音楽は、江戸の三味線曲の中でもカジュアルで、サラリと肩の力が抜けた感じの世界観でして、チラシやHPでは、”極上のお茶漬けみたい”と表現しているんですけども、たとえて言うなら白いご飯です。

そこに、いろんな味の”ご飯のお供”が乗っかって、あ〜おいしい〜というわけなんですね。
濃味も薄味も、ご飯によく合います。

次回Vol.13のゲストは、女優のイチキ游子さんが登場。
するどい観察眼と自由な芸風で、”イタい勘違い女”を演じたら右に出るものはいない!爆笑一人芝居です。
三味線と合わせたここだけの新作もやりますので、この機会にどうですか。

宮澤やすみの小唄かふぇ Vol.13
5月15日(金)19時開場 20時開演
神楽坂・キイトス茶房
詳細、予約は↓
http://yasumimiyazawa.com/koutacafe/

 
posted by 宮澤やすみ at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

長唄 vs 小唄 @浅草「江戸音楽堂」

昨年オープンした「江戸音楽堂」にレギュラー出演させてもらって一年。
残念ながらこの場所はクローズということになり、最後の出演をしてきました。

edoongaku0.jpg

この日は、長唄の東音大宮悟先生(写真左)と一緒に、江戸三味線の魅力をいろんな方向からご紹介。題して、

長唄 vs 小唄 江戸三味線コラボレーション

でございました。

三味線といっても、青森の津軽三味線から沖縄の三線までいろいろありますが、せっかく浅草なんだから江戸東京の音楽に親しんでもらおうじゃないかというのが、ここ「江戸音楽堂」のコンセプトなんです。
そこで選ばれた三味線方が、長唄の大宮先生と、わたくし小唄の宮澤やすみというわけ。

edoongaku2.jpg
奥浅草、千束通りに看板を出していました

前半は、江戸の背骨である隅田川をテーマに、小唄「川風」長唄「都鳥」など艶っぽい曲を中心に披露。

edoongaku1.jpg
「長唄はクラシック、小唄はポピュラーソングなんです」と
解説しながら演奏


江戸の三味線は歌舞伎とともに発展してきた経緯があります。だから舞台の後半は、初夏にぴったりの歌舞伎「髪結新三」を題材に、ストーリーを紹介しながら、音楽で歌舞伎をひもといたのでした。

”目に青葉、山ほととぎす、初鰹”と歌いだす小唄「髪結新三」や、劇中に流れる民謡「さつまさ」など演奏。大宮先生はクライマックスの決闘部分を再現したさのさ節を披露。三味線弾きながらの芝居台詞は圧巻でした。

edoongaku3.jpg
「小唄の最大の特徴は、バチを使わず手先で爪弾くことです」

お客様も、「ストーリーを話してもらいながらの演奏で、良く理解できた」「民謡のフレーズが小唄に出てきたりして面白い」など楽しんでいただけました。

フランス人のお客様もいて、「歌舞伎見たけど日本語わからないから、役者のセリフよりも三味線の音が芝居を理解する助けになるんです」とのこと。言葉が無くても通じる音楽の醍醐味。うれしいですねえ。

残念ながら、この江戸音楽堂という場所は無くなってしまうそうですが、ぼくら演者としては、これからも江戸の音、東京ならではの音楽をあちこちで演りたいのであります。東京オリンピックもあるわけですから、今やらないでいつやるの、ってことなんですね。

ですので、めげずに地道に、演奏活動を続けたいと思います。

ウチでちょっと演奏してほしい、という居酒屋さん、蕎麦屋さん、お寺さん、ライブハウスさん、地域文化センターさんなどなど、規模の大小にかかわらず、気軽にお声かけください。
(ちなみに、近々では、5/4に吉原神社境内で演奏します)

いろいろうまくいかないこともあるけど、あせらずくさらず、地道にやっていくしかないです!
これからも応援いただけたらうれしいです!

edoongaku4.jpg
打ち上げは、見番横の名店「むつみ」で。釜めしがおいし〜!

edoongaku5.jpg
帰り道はちょっとシンミリ。またみなさんにきっと会えるはず
 

 





posted by 宮澤やすみ at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

洋画の音楽を三味線で

バグパイプみたい(笑)ですが、先日の無声映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」の伴奏こんな感じでやりました。

wshamisen-s.jpg

使ったのは楽器2つ(チューニングを4度変えて音域と和声を広げる)、音色3つ、効果音(帆船のきしむ音)。交錯するシーンを音でまとめてみました。
2010年から、無声映画(サイレント映画)の伴奏の仕事をやらせてもらってますが、すごく面白い世界であります。観客のみなさんが飽きずに映画の世界に入り込んでもらえたとしたらうれしいです。

若手活動写真弁士の山城秀之、山内菜々子両氏による、「駆け出し弁士七転八倒その8「再び、山、笑う。」(両国門天ホール)」での出演でした。山城さん、山内さんありがとうございました。
三味線でも洋画をやりたかったので、これでまたひとつ実績ができました。映画演劇関係の方、伴奏のお仕事これからもお声かけください!

※いつもFacebookばかりの近況報告ですが、ブログでもできるだけアップしていきたいと思います。

posted by 宮澤やすみ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする