2015年04月26日

洋画の音楽を三味線で

バグパイプみたい(笑)ですが、先日の無声映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」の伴奏こんな感じでやりました。

wshamisen-s.jpg

使ったのは楽器2つ(チューニングを4度変えて音域と和声を広げる)、音色3つ、効果音(帆船のきしむ音)。交錯するシーンを音でまとめてみました。
2010年から、無声映画(サイレント映画)の伴奏の仕事をやらせてもらってますが、すごく面白い世界であります。観客のみなさんが飽きずに映画の世界に入り込んでもらえたとしたらうれしいです。

若手活動写真弁士の山城秀之、山内菜々子両氏による、「駆け出し弁士七転八倒その8「再び、山、笑う。」(両国門天ホール)」での出演でした。山城さん、山内さんありがとうございました。
三味線でも洋画をやりたかったので、これでまたひとつ実績ができました。映画演劇関係の方、伴奏のお仕事これからもお声かけください!

※いつもFacebookばかりの近況報告ですが、ブログでもできるだけアップしていきたいと思います。

posted by 宮澤やすみ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

ライブが続きます 2015年2月

ありがたいことに年明けからせわしなく動いており、とくにライブイベントが続いてます。
先日は”TOKYOディスコモーターSHOW”を終えたばかりですが、その後も「小唄かふぇ」を始め、まだまだいろいろある。
今まで避けてきた人も、この機会に思い立っていただきたいです。

2月7日(土)
長唄 vs 小唄! 江戸三味線コラボレーション
江戸音楽堂(浅草)
13:00、15:00、18:00の3回公演

レギュラー出演してる江戸音楽堂さんですが、この日は特別プログラム。
長唄の東音大宮悟さんと江戸三味線同士の共演という大変なことに。
江戸三味線のクラシックが長唄。後世の変化形が小唄。それを同ステージでやるなんてまずないです。
たとえて言うなら、ビートルズとニルヴァーナの曲を交互にかけるみたいな感じ(?)かな。
 江戸音楽堂の行き方は↓
 http://www.edo-music.net/map/


2月13日(金)
宮澤やすみの小唄かふぇ Vol.12
キイトス茶房(神楽坂)
19:00開場 20:00開演

神楽坂のカフェ空間で気軽に小唄と三味線を楽しむ「宮澤やすみの小唄かふぇ」。
これももう12回めですよ。ゲストは、活動写真弁士の坂本頼光さん。無声映画ホントおもしろいですよ。笑えますよ。三味線で伴奏します。
このほか、特別企画「昭和まるだし!地獄からよみがえるスター千一夜(仮題)」として、坂本氏の驚愕の声色芸を三味線伴奏とともに披露。笑いと毒とペーソスあふれる、ここだけの密室芸です。来ないと観られません。
ご予約は、小唄かふぇHPの予約フォームで。知り合いの方は宮澤へ直接でも。
チャージ 2,000円+ワンドリンク。お酒や食事もございます。だから開場時間が早いわけね。
 まずはこちらのHPをご確認下さい↓
 http://yasumimiyazawa.com/koutacafe/



2月21日(土)
宮澤やすみの仏像ライブ the 4th
イSム表参道店
14:30開場 15:00開演

仏像をテーマにしたトーク&ライブ。
今回は、十二神将をテーマにした新曲を披露します。
まあ仏像が仏像なんで、曲調は仏像メタルになっちゃいました(笑)。バカバカしい歌詞に無駄にカッコいい曲といういつものパターンではありますので、楽しんでください。入場無料。
先日、代々木ザーザズーにてライブハウスデビューしたこの仏像バンド。
「宮澤やすみ and the Buttz」というバンド名もついて、ドラム、ベース、三味線で演奏します。
 詳細は
 http://www.isumu.jp/info-contents/butsuzou-live/

とまあ主要なのはこの3つですが、このほかに柏市にて講演会&ミニライブ、クラブツーリズムさんの仏像ツアー同行、早稲田エクステンションセンターの講座が2つ、NHKの出演も決まっていて、ちょっと今パツパツ状態です。

しかし、フリーランスというのは恐ろしい境遇でございます。3月になると、一気にカレンダー真っ白になってるのだから、・・・。
どなたかお仕事ください〜。音楽トーク執筆その他もろもろ、お気軽にご相談を!

そして2月は機会を逃さずに、前向きに参加ご検討ください〜!!

koutacafecover.jpg


 
 









posted by 宮澤やすみ at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

「小唄 in 神楽坂」の新たな展開

毎年やっていて、このブログでも毎年告知してます「小唄 in 神楽坂」。
またこの情報かよ、と思っている読者の方もいるかもしれないけど、ちがうんです今年から変わるんですよ。

昨年で10周年を終えまして、今年から新たな節目が始まるのであります。
(ほんと、我ながらよくまあ10年も続けたよ・・・)

一番変わるのは、出演者が増えること。
私が指導しています皆さんが、ようやく舞台に上がれるレベルになってきたので、現在所属のお弟子さん勢ぞろいで出演します。
発表会も兼ねているわけですが、お金をいただいて演奏する以上、相応の演奏をお届けするつもりです。

なかには、あのお江戸和楽器パンク(というのかどうか)バンド「切腹ピストルズ」の三味線担当・Sue氏もいまして、このゆるさ満点の「小唄 in 神楽坂」で彼がどう暴れるのか!? 見ものであります。
ライブでモッシュやダイブも起こるという「切腹ピストルズ」と、私のような小唄では世界があまりにかけ離れている・・・ように見えますが、意外と根っこのところではつながってたりするのね。
彼も「切腹」の時とはちがう姿をお見せしますよ(たぶん)。

そんなわけで、小唄の会といっても、一般の人に向けたライブイベントだから、小唄に触れたことない人こそ良い機会だと思います。
ほかに、前年にも出ている米村祐子と新人の井上望美も出演します。

さらに!舞踊ゲストも新しくなりますよ。これまで長年ご一緒した井嶋ナギさんに代わり、吾妻流の吾妻春瑞さんが登場です。大河ドラマ「黒田官兵衛」でも踊り子役で出演されてた若手舞踊家です。
幼少から吾妻流の舞踊をみっちり修業されてきた本格派。古典のほか、先日は現代舞踊の大曲も取り組んでらしたです。

そこいくと、小唄はあくまでカジュアルな世界なので、正統の日本舞踊の世界とはちょっと違う位置にあるようでしてね。しかも自分がほんとテキトー人間なんで、めっちゃ軽〜い感じで「小唄振り(小唄に振りを付けて踊る)」を依頼しちゃったんだけど、これ、たとえて言えば、バレエダンサーにヒップホップで踊って、と言っているような感じになるのかな? 無理な依頼をしてしまってゴメンなさい!(でも踊ってほしいんだけど(^-^;) 春瑞さんは、そんな小唄振りに真摯に取り組んでくださっています。
(いやほんと、私のようなテキトー人間のゆるい会につきあってもらってスミマセン)

ちなみに、素の時にお会いするとすがすがしいハンサムな女性で、お酒が入るとふにゃっとなる。このギャップがいいんだよね。
女優・車地瑞保(くるまちみずほ)としてもご活躍中です。

しばらく一人出演が多かった私ですが、仲間と一緒に出演する楽しみがまた味わえて、気持ち的にも充実しています。
準備段階でも、自分があまりリーダーシップのない人間なので、こうした仲間たちや神楽坂の人に助けられてなんとかやってます(そんな意味でもよく10年続いたよホント)。

今年からの展開、ご注目ください。

【小唄 in 神楽坂 2014】
10月18日(土) 14:30開場 15:00開演
神楽坂 善國寺毘沙門天書院にて
http://yasumimiyazawa.com/kouta.html
 
 














posted by 宮澤やすみ at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

三味線スタイルあれこれ

Facebook、Twitterは頻繁に書いてますが、見る人が限られるようで、やっぱりブログもまめに更新しないとと思っております。

小唄を中心に、三味線音楽をいろいろとやっておりますが、その演奏法もいろいろ。

先日10回目を終えた「小唄かふぇ」。いつもカジュアルな会ですが、この記念すべきVol.10だけはあえてちゃんとした衣装で、伝統的奏法でお届けしました。女優の久保田寛子さんと共演。

koutacafe_140808_096.jpg

小唄の三味線は、バチを使わず爪弾きして、サラリとしたソフトな音色にします。最近は小唄以外の演奏も増え、バチ弾きの機会も多いです。写真では、太棹用のバチと駒を使って太棹三味線の音色を出してベベ〜ンと弾いてます。

「小唄かふぇVol.9」では、かなりカジュアルな感じでしたね。洋服ですね。慣れないネクタイもこういうときだけ締める。曲もポピュラーな洋楽です。

「小唄かふぇVol.9」ライブレポートより


奏法も、三味線やってる人なら眉をひそめる小指使い。三本の糸をいっぺんに押さえて、F#m7のコードを鳴らしているとこですね。完全なコードではないけどそのへんはややこしいので割愛。

ゲストさんとのコラボで、和洋関係なく、演目に合う音を鳴らすのが「小唄かふぇ」毎回のミッションなのです。

そのほかにも一人で洋楽もやりますけどね。じつは、上の写真はホール&オーツの「Private Eyes」を演ってるとこなんです。
会の雰囲気やコンセプトによって、硬軟和洋の分け隔てなく、なんでもやりたいわけですが、ただ「ちょっと三味線でコピーしちゃいました」的なこそばゆい感じに終わらないように、やるならちゃんと作品として聴けるレベルを心掛けてます。それは伝統的奏法をきちんとやってこそできる事ですね。
私なんか芸者衆でもないし宗家の嫡男てわけでもないのでね(とはいえ家元直弟子として10年間修業は積んでおりますよ)、出自だけに拘泥せず、一ミュージシャンとして認めてもらえればなによりです。

【宮澤やすみの小唄かふぇ】サイト
http://yasumimiyazawa.com/koutacafe/




posted by 宮澤やすみ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

2014夏の出演いろいろ

お元気ですか?

本日から、さまざまなイベントやライブ、講座に出演講演します。
ぜんぶここに並べるとごちゃごちゃするので、ぜひ一度、公式サイトを見てみていただけませんか?
すべて整理してわかりやすく並べてあります。
http://yasumimiyazawa.com/
(追記:といいつつ、こちらにも下記にリストアップしました)

なかでも注目は、浅草の「江戸音楽堂」です。
江戸の歌舞音曲を生で楽しめる夢の空間「江戸音楽堂」が今年5月からオープン。私も今月から不定期レギュラーで出演することになりました。
落語の出囃子や芸者衆の踊りで断片的に耳にする曲「さわぎ」とか「梅は咲いたか」とか「お江戸日本橋」とか。。。
そういうのの元曲をぜんぶ聴くチャンスって、なかなか無いと思いますよ。

あとは、仏像ツアー、講座も続きます。長野の仏像旅なんかちょ〜おススメです!

気になるイベントがあったら気軽に参加くださいませ!
一見さんも初心者さんもおひとりさまも、どなたでもまったく大丈夫ですからね。

・7/10  音楽ライブ
無声映画上映会「再び、山滴る」 両国門天ホール
山城秀之氏、山内菜々子氏の活弁に、三味線伴奏でゲスト出演


・7/12  音楽ライブ
予約不要 江戸音曲公演 浅草江戸音楽堂
三味線+鳴物に舞踊が入り、端唄俗曲を楽しむ午後。お座敷遊びの体験も。


・7/13  音楽ライブ仏像講座、トーク
予約不要 Mr.tsubakingの「仏像夜話」 BARアザブノケムリ
仏像トークとライブ! Mr.tsubaking(perc.)と共演


・7/16  仏像講座、トーク
仏像の光と闇 ― 基本から学ぶ仏像秘話 ―(隔週全4回) 
観賞用仏像で感じる、仏の「エロス」と「怨霊」


・7/26  仏像講座、トーク
仏像の見方講座(時代編) 


・7/27  仏像講座、トーク
西洋キリスト教美術の魅力〜仏教美術との比較から
中世ヨーロッパを彩るキリスト教美術。仏像ファンの目線からその基本を紐解きます


・8/2   音楽ライブ
予約不要 江戸音曲公演 浅草江戸音楽堂
三味線+鳴物に舞踊が入り、端唄俗曲を楽しむ午後。お座敷遊びの体験も。


・8/7,8  音楽ライブ
宮澤やすみの「小唄かふぇ」Vol.10
at 神楽坂キイトス茶房 「怪談牡丹灯籠」共演と物怪を唄う夏の夜


・8/10  寺社仏像めぐり仏像講座、トーク
上野寺社ウォークと法隆寺宝物館のカワイイ古仏見どころ講座
東京最強の仏像スポット・上野の社寺と涼しい室内で法隆寺の飛鳥仏を堪能



・8/30  寺社仏像めぐり
長野・蓮台寺・九品仏特別拝観と「弾誓寺」聖観音像に逢う
美古仏・観松寺、東日本最古・龍灯山清水寺の千手など長野の名仏秘仏一挙拝観



・9/7   寺社仏像めぐり
横須賀・浄楽寺の運慶仏+三浦半島の慶派仏特別拝観
運慶の真作・浄楽寺や秘仏・長安寺の不動三尊の特別拝観などスペシャルな仏像旅



【宮澤やすみ公式サイト】
 http://yasumimiyazawa.com/

thumbnail.jpg


 

 
posted by 宮澤やすみ at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小唄・三味線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする